アーカイブ 2014年04月 | BLOG | Tutors Cloud

BLOG

月別アーカイブ

2014.04.30

IBプログラムってどう?

こんにちは、チューターズクラウドです。

世界で通用する大学入学資格を取得するための教育プログラム、「国際バカロレア(International Baccalaureate, 以下「IB」)」
 
IBは、スイス民法典に基づく財団法人国際バカロレアが提供する教育プログラムで、本部はスイス・ジュネーブ。
1968年に発足して以来、認定校への共通カリキュラムの提供、IB試験の実施、IBディプロマ資格の授与を行い、
日本は、1979年以来、IBを大学入学資格として認定
IBの得点は標準化されており、変動幅が少なく、欧米大学では大学入学選抜資料としての
信頼性が高いとされています。
慶応義塾大学が、2014年度から法学部の帰国生入試に、国内の高校/インターナショナルスクールで2年間のIBを修了し、ディプロマを取得した生徒の応募を認める予定と発表しましたね。
実際、日本国内の大学でのIBの認知度は以前に比べて相当高くなっているとは言えど、
IBを積極的に評価して入学許可をしているのは一部の大学。
日本のすべての大学が同様の対応をしているわけではなく、大学入試センター試験の成績提出が国公立大学や一部の私立大学での入試要件となっています。
 
インターナショナルスクールの生徒は、従来、日本語と英語との二言語習得によってディプロマ資格を取得し、
欧米大学や国内の国際的指向を持つ大学へ進学してきました。
2012年3月の段階で、高校2・3年生で実施するIBプログラムを行っている学校は
16校(インターナショナルスクールが11校、私立学校5校)
 
首相官邸が2012年6月に出した「グローバル人材育成推進会議」による「グローバル人材育成戦略」では、
「高校卒業時にIB資格を取得可能な、又はそれに準じた教育を行う学校を5年以内に200校程度へ増加させる」とか。
っていうか、既に2014年ですよ、ニッポン
日本でIBが広がるなら、お子さんを日本の大学に通わせるか、海外留学をさせるか・・・
インターナショナルスクールに通わせている親としても悩むところ
英語で授業を提供できる教員確保や生徒の進路保証など、日本国内の学校制度や法解釈の柔軟さが重要と思うのですが、
大丈夫だろうか、がんばれ、ニッポン

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

2014.04.14

今月のピックアップ★チューター★エリカ先生

こんにちは~ チューターズクラウドです

今月のご紹介は『人懐っこいしっかり者』 エリカ先生です。

東京大学の大学院にて文化人類学研究室のリサーチ・スチューデントとして来日、文部科学省の奨学金授与者

フィリピン国籍ですが、全然英語にアクセントがなく、それでいてチャーミング。

実は日本語もかなりアドバンスなんですが、本人少し恥ずかしがり屋さん

オックスフォード大学の貧困人類開発研究室のサマースクールも含め、

今までの学業ほとんど奨学金で賄ってきたと言っても過言ではない有識者 低学年の対応にも慣れています。

そんなエリカ先生とキンダーの生徒さんの授業風景を見てみましょう

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

2014.04.14

4月 東京バイリンガルチェスクラブ

こんにちは~ チューターズクラウド です。

4月9日(水)17:30-18:30のチェスクラブは、スペシャル企画第一弾!

ヨーロッパトーナメントで大学生の時2回チャンピオンになった、

チェスマスター Daniela先生をお招きしました

なんたって、チェスマスターですよ、チェスマスター

初めてチェスマスター証書 見ちゃいました

チューターズクラウドの『ハニカミ王子』 Shin先生も、

『ぼくがチェスを教えてもらいたいくらいです・・・(謙虚)

とのこと。

これからどんどんスペシャルゲストをお招きして、盛り上げて行きたいと思ってます。

チェス男子、みんな一度遊びに来てね~


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

ページの先頭へ